コレステロール 動脈硬化

コレステロールから動脈硬化につながる流れ

不調の女性

 

悪玉コレステロールが増えること、または善玉コレステロールが減ることで、どんな病気にかかりやすくなってしまうのでしょうか?

 

おもに肝臓で合成されて全身の細胞に届けられるコレステロールは、厄介な疾患を引き起こす場所も「血管」に集中しています。

 

いうまでもなく、人間が生命を維持していくのに欠かせない血液は、その通り道である血管の環境を正常にしておかないと、全身のあらゆる部分に支障をきたします。

 

人間ひとりに存在するすべての血管をつなげると、なんと長さは10万kmにもなり、これは地球を2周半もできる途方も無い長さです。

 

コレステロールに起因する、血管のさまざまな疾患について調べてみました。

 

マーキング用白背景

動脈硬化はすべての災いの始まり

健康な血管はしなやかで柔軟性があり、たとえるならゴムホースのようなものですが、動脈硬化を起こした部分はまるでそこだけが塩ビパイプになったかのように柔らかさを失ってしまいます。

 

動脈硬化のはじまりとして、血管の老化があります。人の細胞は部位に限らず、年齢を重ねることで老化していきます。血管の細胞も例外ではありません。

 

老化の原因は高血圧や血糖値の上昇、血中の脂質の増加が主です。これらの要因で血管の内壁が傷つき、肥大することで血液の通り道がだんだん狭くなっていきます。

 

 

加えて酸化されたコレステロールが血管の壁にたまることでより動脈硬化が進行します。

 

やがては血管の破裂や解離(内側の膜が剥がれて血液が漏れ出すこと)、心筋梗塞や脳梗塞、大動脈瘤破裂など、あっという間に人の命を奪ってしまう病気につながる恐ろしいものです。

 

そんな動脈硬化の直接の原因になるコレステロールですが、どういうプロセスで疾患を引き起こすのでしょうか。

 

動脈硬化になる時、そこで何が起きている?

 

1.血管の内側、つまり血液が通る部分は通常は細胞が隙間なく詰まっていますが、ストレスや喫煙、乱れた食生活などが原因で、細胞が傷つき、荒れて隙間ができます。その隙間に血管内で余った悪玉(LDL)コレステロールや活性酸素によって変性したLDLが入り込みます。

 

2.この時、通常の悪玉コレステロールは変性したLDLの影響を受け、同じように変性LDLに変わります。

 

3.身体はこの変性LDLは異物とみなし、免疫機能が働くことでLDLを取り込んでくれますが、分解することができないのでより大きな塊となり、血管壁内にとどまり続けます。

 

4.これを繰り返すと互いに壊れて融け合うことで、より大きなどろどろの塊(プラーク)をつくり、大きく盛り上がることで血管内を圧迫。すると血流が悪くなり、かさぶたのような血栓ができ、やがて完全に詰まって壊死を引き起こします。

 

細胞の老化は避ける事ができませんが、高血圧や血中脂肪を正常にすることは生活習慣で十分に可能です。毎年の健康診断で数値の変化をかならずチェックしておき、異常をすぐに把握することが大切ですね。

 

血管の老化を表す4つの段階

第1段階:潜在的な老化

血管のキズつきが起こっていなくても、血行障害を起こす危険因子がすでにあり、老化が潜在的に始まっている状態を表します。

 

第2段階:血管が傷つきはじめる

不規則な生活習慣や食生活等で、血管が傷つきはじめている状況です。血圧や血糖値、血中脂肪に数値の異常が現れはじめることが多いです。

 

第3段階:動脈硬化の進行

さらに動脈硬化が進行し、血管の壁が厚くなったり内腔が狭くなって血流が阻害されつつある状態です。

 

第4段階:心臓や脳へのリスク

脳や心臓、腎臓などに動脈硬化による血流障害、血栓を原因としたさまざまな疾患が起きる可能性がある状況です。

 

また最近、血管を含め細胞の老化について新たな説が注目を浴びています。

 

「糖化」という言葉をご存知ですか?

「取り過ぎた糖は老化を加速させ、重大な病気を引き起こす」

 

衝撃的な事実とともに、この「糖化」という現象が最近注目を浴びています。

 

血管に限らず私達の身体の多くはタンパク質でできていますが、糖質を摂り過ぎるとこのタンパク質と結びついて変質し、AGE(糖化最終生成物)という物質をつくります。

 

このAGEこそが糖化の証。動脈硬化の原因になるのはもちろん、糖尿病や認知症、肌のトラブルや肝炎などさまざまな疾患の原因に。

 

諸説はありますが、動脈硬化の原因としてこのAGEが元凶となって引き起こす血管細胞の炎症があるのでは?と言われています。

 

とはいえ、人が生きるためにはブドウ糖は必須ですし、誰の身体でも多かれ少なかれ糖化は起こっています。ただし、日頃の食生活の内容によって、この糖化のスピードはかなり差が出てくる、というわけです。

 

血管や組織をもろくさせ、身体を内側から蝕んでいくAGEを貯めないためにも、糖化を防ぐ(抗糖化)のライフスタイルが重要なポイントです。

 

糖化については以下の書籍が参考になるので、興味のある方はぜひご覧になってみてください。(かなりセンセーショナルなタイトルですが、糖化の仕組みと予防法がかなりわかりやすくまとめられています)

 

参考:「糖化」を防げば、あなたは一生老化しない[永岡書店]

マーキング用白背景

心筋梗塞は想像を絶する痛み

心臓のイメージ

 

1日に約10万回の鼓動を繰り返し、一生で送る血液の量は15万トンタンカー1隻分にもなる心臓。

 

この驚異的にタフな臓器が正しく働かないと、私達は生命を維持することができません。そして心臓の活動に必須な栄養素は血管から送られる血液です。

 

心臓の表面をぐるりと囲うように張り巡っているのが冠動脈と言われる血管ですが、動脈硬化等によってここの血流が阻害されると、心筋に酸素やエネルギーが届かなくなってしまいます。

 

こうして起きるのが心筋梗塞。その痛みは想像を絶するほどで、よく「焼けた火箸を胸に刺される」「石で胸を潰される」といった恐ろしい例えがあり、それが最低でも30分以上は続きます。

 

それと同時に起こるのが心筋の壊死。胸の痛みは数時間すると治まってきますが、それは症状が治っているのではなく心筋が壊死して痛みを感じなくなっているためです。

 

やがて壊死が広がると、心臓のポンプ機能が役割を果たさなくなり、心不全が起き、高確率で生命の危機に至ります。

 

中には痛みのない心筋梗塞もある?

 

心筋梗塞=痛い、というイメージがありますが、中にはまったく痛みなどの症状を感じない場合もあります。

 

無痛性心筋梗塞、または無症候性心筋梗塞という疾患がそうで、人によっては吐き気や身体のだるさを感じる場合もありますが、多くは無症状なので発見しずらいのが特長です。

 

患者の多くは糖尿病をわずらっており、それが原因で痛みを感じにくい体質になっていることもあり、症状を感じないうちに心筋梗塞が進行してしまっていることが多くなります。

マーキング用白背景

脳梗塞は大きく3種類

血管・神経のイメージ

 

昨日まで元気だった友人や職場の同僚が、突然寝たきりになったり生命を落とす。

 

信じられないような僅かな期間で、生命を奪ってしまうか人間としての機能を停止させてしまう恐ろしい病が、脳梗塞や脳出血など脳に関係する疾患です。

 

思考したり手足を動かしたり、ものを食べたりと人間の活動は言うまでもなく脳からの司令で行われますが、脳細胞は一度死んでしまうと決して回復することがないため、脳梗塞等の症状は多くが致命的な打撃を残します。

 

脳梗塞には3つのタイプがある

 

ラクナ梗塞(小梗塞)

脳には太さもさまざまな多くの血管がありますが、太い血管から枝分かれした細い血管に詰まりが起きるのが、このラクナ梗塞です。(ちなみにラクナとは「小さなくぼみ」という意味)。

 

実は、日本人にもっとも多いタイプの脳梗塞で、脳梗塞全体の35%を占めます。直径が1.5cm未満の小さな梗塞が起きている状態を指し、それ以上大きなものになるとラクナ梗塞とはよびません。

 

ラクナ梗塞の原因で最多なのは「高血圧」。血圧が高くなるとその圧力で血管内側の壁が傷つき、動脈硬化を起こしやすくなります。

 

アテローム血栓性脳梗塞

アテローム血栓性脳梗塞は、脳の太い血管が詰まって起きる脳梗塞で、中梗塞ともよびます。アテロームとは日本名で粉瘤といい、一般的な脂肪の塊ですが、この場合は血管内に出来たLDLコレステロールを起因にする塊です。

 

つまり、参加したコレステロールとマクロファージが血管内にたまって大きくなることで、血流が狭くなって梗塞が起きる、というメカニズムです。

 

ですので、主な原因はラクナ梗塞の高血圧に加えて、脂質異常症や糖尿病などの生活習慣病の割合が大きくなります。

 

心原性脳塞症

この状況は、血管の詰まりの原因が脳ではなく、心臓でできた血栓が脳内に移動してきて起こる疾患です。原因の多くが「心房細動」。心房細動とは、心臓内での電気信号が乱れることで起きる、不整脈の中でもっともポピュラーなものです。

 

心臓が規則正しいリズムと強さで鼓動できなくなり、プルプルと細かく痙攣するのが特長です。血液がうまく送り出せず心房内にたまって残り、これが血栓になります。この血の塊はやがて心房内から剥がれて動脈に乗り、脳の血管まで行き着いて血流を塞いでしまうのです。

 

60歳を境目に、80歳になると約10人に1人は心房細胞があると言われています。また、女性より男性に症状が多い(約2倍)のも特長です。

マーキング用白背景

大動脈瘤・大動脈解離

交通での重要な道路や鉄道を大動脈と例えたりしますが、人間においても大動脈は全身に血液を届けるために欠かせない血管です。

 

樹木で言えば大動脈は幹で、その他の血管は枝ともいえる存在です。その太さは胸部大動脈で直径約25〜30mm、腹部大動脈で20〜25mmととても太いものです。

 

そんな太い血管に大きなコブができるのが大動脈瘤、内側の壁が剥がれて血液が漏れだしたりするのが大動脈解離です。どちらも生命の危険が伴う恐い疾患です。

 

どちらも症状が現れるのは突然で、気づいた時には手遅れになりがちです。

 

大動脈瘤も、大動脈解離も、症状が進行するとある時突然血管が破裂し、大出血を起こします。全身の血管でもっとも太い部分からの出血なので、急激に血圧が下がりショック状態になり、多くの場合は命を落とします。

 

つい先日大阪の梅田で起きた、自動車が歩道に突っ込んで運転手含め多数の方が亡くなられた痛ましい事故も、運転していた方が大動脈解離を発症し、意識がないまま事故に至ってしまったとのニュースがありました。

 

平成23年の人口動態調査によると、大動脈瘤および解離が原因の死亡者数は15,599人になっており、たとえば乳がん(12,838人)や糖尿病(14,664人)よりも死者数が多く、しかも年々増加を続けています。

 

破裂の場合はすぐに手術をしても死亡率が3割〜5割に達し、乖離の場合は2週間放置していると死亡率は8割にもなります。それほど怖い状態なのに、厄介なのは危機的状況になるまで、ほとんど症状が現れないことです。

 

ただし、コブが大きくなってくることで、すべての場合に当てはまる訳ではないですが、自覚症状が出る場合があります。

 

胸部の動脈瘤の場合、大きくなったコブが声帯の神経を圧迫することで声がかすれたりでにくくなったり、気管を圧迫して息が苦しくなるなどです。

 

あるいは食道が圧迫されて狭くなることで食べ物が飲み込みにくくなる場合もあります。

 

お腹の場合は、膨らんだ部分を血液が通ることで、ドクドクと脈打つ感覚がお腹の外に伝わってくることがあります。

 

発生は70代がピーク

 

大動脈瘤の発生は50歳代から増え始め、70代がピークになります。瘤は急に大きくなるわけではなく、時間をかけてだんだん大きくなっていきます。

 

また「大動脈瘤は男の病気」と言われるほど、男性の方がかかる率が圧倒的に多いのも特長です。特に、お腹にできた動脈瘤の場合は5:1くらいの割合で男性が多くなります。