ナットウキナーゼ 血液サラサラ 効果

ナットウキナーゼの効果は?血栓を防いで血液サラサラ

ネバーっと糸をひく納豆

 

好きな人はとことん好き、嫌いな人はひたすら苦手・・・。

 

納豆はそんな食材の代表格ではないでしょうか。古来から日本人に愛されている健康食品の顔、ともいえる存在かもしれません。

 

好きか嫌いかにかかわらず、とりあえず納豆は健康にいい、という認識はほとんどの方が持っているかと思いますが、ここ最近、ある成分の効果がすごくて納豆は脚光を浴びています。

 

その成分とは「ナットウキナーゼ」。納豆という名前にかこつけたような成分名ですが、このナットウキナーゼの働きが生活習慣病の予防にとてもいいことがわかりました。

 

このページでは、そんなナットウキナーゼについていろいろ調べたことをまとめてみました。

ナットウキナーゼとは

ナットウキナーゼは大豆から納豆をつくる過程で発生する成分です。

 

納豆は煮込んだ大豆を納豆菌が発酵させることでつくられますが、この発酵の過程でナットウキナーゼが生成されます。ナットウキナーゼそのものの発見はなんと1925年まで遡ります。

 

現在の北海道大学の前身である北海道帝国大学の大島教授によって製法や性質が報告された後、1980年にナットウキナーゼと命名されました。

 

その由来はもちろん納豆菌からくるもので、ナットウキナーゼは納豆にしか含まれていない成分です。

ナットウキナーゼの役割

ナットウキナーゼの役割はなんといっても、血液サラサラに貢献してくれることです。

 

もう少し細かくいうと、血が固まるのを防いでくれる力があります。血栓をつくる原因となるフィブリンというたんぱく質を分解することができるのです。

 

ドロドロの血液がなぜ怖いかについては、こちらの記事をご覧ください。

 

 

血栓というと心筋梗塞脳梗塞など、致命的な疾患つながる恐いものなので、ナットウキナーゼはその働きが注目されているのです。

 

血栓は特に夜中から朝方にかけてできやすいので、ナットウキナーゼを取る場合は夕食後や寝る前がベストです。

 

ほかにも、血圧を下げたり、血小板の凝集(細胞などが集まって固まりになること)を抑制したり、およそ人体にとってはメリットの多い作用ばかり。

 

生活習慣病が気になる方、最近食生活が乱れがちな方、仕事などでストレスを強く感じている方は、ナットウキナーゼをどんどん摂っていけばいいと思います。